京富士印刷 > 印刷の話をしますが何か・・・ > 第3回 メモ帳の話をしますが何か…

印刷の話をしますが何か…

第3回 メモ帳の話をしますが何か…

Sさん。実は今度お客様に使っていただく、わが社の社名入りメモ帳を作ることになりました~(^_^)v

Tさんの顔

Sさんの顔

ほう、社名入りのメモ帳か…

ええ。リーフレットも作っていて、一緒にメモ帳もお渡ししてるんですよ!

Tさんのドヤ顔

メモってよし!配ってよし!破ってよし!の何でもありのメモ帳なんで、ご自由に使っていただければと思って(^^)

Tさんのドヤ顔

Sさんの怒り顔

何!そうなのか?
俺はまだ何も聞いてないぞ!

それにはわが社に余っている「色上質紙」を使っているんですよ〜。

Tさんの顔

Sさんの顔

お~。ところでTくん。
どうして色上質紙がこんなに余ってしまうか理由はわかるかい?

え~っと。基本的にロス紙を含めて印刷に使用する分だけあればいいですからね…。
では、そのあたり解説をお願いします!

Tさんの困り顔

Sさんのドヤ顔

では説明しよう。
色上質紙や特殊紙は1枚ごとの単価が設定されている。1枚○○円といった感じに。

Sさんの顔

ところが、使う紙によってはその設定が複雑になっているわけだ。
ある紙を例に説明していこうじゃないか。

Sさんの顔

1包み200枚入り
1~49枚 → @140円
50枚~1包み(200枚)未満 → @117円

Sさんの顔

1包み(200枚)以上 → @62円
ま、このような紙があったとして、170枚発注するとする。

170枚ですから、1枚が「50枚~1包み未満」で単価117円ですね。ということは@117円×170枚=19。890円ですね。

Tさんの顔

Sさんのドヤ顔

その通り!
では緑のTさん何番?

…何ですかそれは(-“-)?

Tさんのあきれ顔

Sさんの怒り顔

アタッ○25じゃないか!

…そうっすか(-_-;)

Tさんのあきれ顔

Sさんの顔

まあ、正解なんだけれど、この紙をもっと安く仕入れる方法はないもんかね?

安くですか…。
う~ん、でも紙自体の単価は決まってるんですよね?

Tさんの困り顔

Sさんのドヤ顔

そこで大事な大事なアタックチャ~ンス!

いや、だからアタッ○25はもういいんで
教えて下さい(-“-)!

Tさんの激おこ顔

Sさんの顔

ここで注目するのは「1包み以上の単価」。この場合だと単価62円だよね。
「50枚~1包み」の単価の約半分…。

なるほど!わかりました!
「1包み以上」の単価で200枚買えばいいんですよね。

Tさんのドヤ顔

Sさんの顔

正解!今回の場合「1包み以上」で
200枚仕入れると、
1包み以上@62円×200枚=12,400円

Sさんのドヤ顔

170枚仕入れるより、7,400円も安く仕入れることができるわけだ!

面白いですね!170枚買うよりも200枚買った方が安いなんて。
でも、なんでこんなことになるんですか?

Tさんの驚いた顔

Sさんの顔

一言で言えば「紙屋さんの都合」。それでは説明にならないので説明すると、紙屋さんも当然売るために紙を仕入れるわけだ。

Sさんの顔

例えばその紙屋さんが200枚仕入れたとしよう。
だが、その紙が30枚しか売れなかったら残った170枚を保管しなければならない。

Sさんの困り顔

そんなことが何種類もの紙で起きたらどうなるか…。

保管場所に困りますね…。

Tさんの困り顔

Sさんの顔

紙にとっても長期保管はあまり好ましくない。だったら一定枚数で単価を下げるからまとめて買ってくださいということね。

なるほど!
よくわかりました。

Tさんの驚いた顔

Sさんのドヤ顔

紙を買う時は「大胆かつ慎重に…」。
パネルの取り方といっしょだよ。

そうっすか…(-_-;)

Tさんのあきれ顔

Sさんの顔

まあ、また機会があれば紙屋さんに聞いとこう。

はい!
お願いします!

Tさんの顔

またメモ帳の方もお配りするかもしれないので、その時は、みなさんご自由に使って下さいね。よろしくお願いします<(_ _)>

Tさんの顔