京富士印刷 > WELCOME STAFF ROOM > 第41回 「ボウリング大会にて」

WELCOME STAFF ROOM

第41回 「ボウリング大会にて」

先日会社のお付き合いでボウリング大会がありました。

ボウリングはおそらくしたことがない人はほとんどいないであろうとてつもなくメジャーなスポーツですよね。気軽にできて、準備や道具もいらず、老若男女を問わず何人とでもでき、企画やゲーム性が高いスポーツとして、一番なんじゃないかと思います。

staffroom_41-01.png

ボウリングの発祥は諸説ありますが、紀元前3000~5000年前のエジプトにはすでにあったとされています。中世ドイツではピンを悪魔と見たて宗教的儀式として用いられていたようです。

その棒倒しのピンの数や並べ方を統一したのが、かの有名な宗教革命家のマルティン・ルターだということです。当時は、ピンを9本、並べ方をダイヤ型に統一したことから、ナインピンボウリングと呼ばれていました。

アメリカでも親しまれていたのですが、賭け事としても横行するようになり、禁止令が布告され、それからルールを改正し、ピンの数も現在と同じ10ピンとなりました。

日本に初めてボウリング場ができたのは、1861年の長崎です。

これを記念して、長崎にはボウリングの発祥の地として記念碑が建てられています。

そしてボウリング場が初めて作られた6月22日は、ボウリングの日となっています。

ボウリングのレーンやピン、ボールの規格などは全て国際基準となっていてアメリカでもヨーロッパでも日本でも、同じなので他国でも楽しめるスポーツです。

staffroom_41-02.png

さて、歴史はこれぐらいにして、ボウリングはこのピンにこの角度で当てるとストライクが出やすいということが分かっていて、スコアには上限があります。そこに投げることができればほぼストライクになるというわけです。

とまあこう書くと簡単なようにみえます。

私も興味あったので、いろいろと投球フォームや狙うコースを調べて練習していたのですが、これが思ったようにいかず、なかなか安定しません。

あれほど波が激しいスポーツもあまりないんじゃないかと思うぐらい、180出たーと思いきや、別の日には90になったりと自分の中ではかなり難しい部類に入ります。

コツは調べるといっぱい出てくるのですが、その通りに投げられないというのと、その通りのコースに投げられたとしても、なぜか1本2本残ったりします。そしてスペアが取れなくて泥沼スコアへと導かれます(;∀;)

そして前200出たのに…などと過去のスコアに浸るわけです。。。(-_-;)

staffroom_41-03.png

私が思うボウリングあるあるですが、練習をしていると、近くの人が上手にカーブをかけてストライクを取る姿を見てしまうと、なぜか自分もカーブの練習をしたくなるんですよね(;^ω^)

素人のくせに。

曲がりもしないハウスボールなのに。

滑りまくるハウスシューズ履いているのに。

とまあそんなこんなで自分の投球方法が優柔不断だからスコアが安定しないんですよね。

で、結局この前のボウリング大会はというと…

2ゲームとも90台で惨敗でしたとさ(-_-;)

来年に向けて励みます!!(*^^)v

staffroom_41-04.png