京富士印刷 > WELCOME STAFF ROOM > 第42回 「よっしゃー!ナイスハットーーーッ!!!」

WELCOME STAFF ROOM

第42回 「よっしゃー!ナイスハットーーーッ!!!」

前回のこのコーナーの話題が「ボウリング」だったので、今回もインドアスポーツ「ダーツ」について書いてみようと思う。

「ダーツ」には大きく分けて2種類あり、先端部分が金属で出来ている「ハードダーツ」と、先端部分がプラスチックで出来ている「ソフトダーツ」に分けられる。

私がやっているのは後者の「ソフトダーツ」と言われているものである。

ダーツとの出会いは5年ほど前に遡る。

当時、独身であった私は、旧友に誘われていわゆる「合コン」というものに参加した。

その二次会の会場がダーツバーだった。

以前から「ダーツ」という競技に興味を持ってはいたものの、ほとんどやったことがなかった。

最初は参加者みんなでワイワイ楽しんでいたのだが、そのあとは合コンそっちのけで、一人で投げ込んでいた。

すっかりダーツの魅力に取りつかれ、その日を境に私のダーツ人生が始まった。

staffroom_42.jpg

安価なものではあったが、マイダーツをその日のうちに購入。

後日ダーツボードも買い、時間があれば自宅で一人練習する日々が続いた。

ダーツを始めたことで私自身の人生が大きく動いたと思う。

「ダーツ好き」を面接のネタにして、全国ネットのクイズ番組にも出場した。

結果は最後の最後で逆転負けを食らうという、悔しいものであったが、非常にいい経験をさせていただいた。

そしてもう一つは、ダーツを通して多くの人と知り合えたことである。

そのうちの一人が、何を隠そう、私の妻である。

「私は結婚なんて出来ない」

と常々思っていたし、発言してきたが、まさか結婚出来るとは・・・。

妻は私の「ダーツバカっぷり」を呆れているようだが、

自分なんかと結婚してくれた妻と、ダーツという趣味に感謝をしている。

結婚してダーツと向き合う時間は少なくなっているが、出来ることなら、また試合にも出てみたいと考えているし、その日のために今日もこそっと爪を磨くのである。