京富士印刷 > WELCOME STAFF ROOM > 第69回 「靴」

WELCOME STAFF ROOM

第69回 「靴」

 

 

突然ですが今年の箱根駅伝でどこのメーカーのシューズが選手に一番履かれていたか皆さんは御存知でしょうか?

 

 

 

 

答えは「ナイキ」です!

 

「靴底は薄いほうが早く走れる」という通説を覆す厚底シューズ でなんと参加選手の約4割がナイキのシューズを使用していたそうです。

今年も素晴らしい走りを見せてくれた選手の足元を支える「靴」は今も進化を続けているようです。

 

なぜ急にこんな話を始めたかというと、僕も最近ランニングシューズを購入したからです!

中学・高校の時に陸上部に入っていたのですが、部活をやめて以来十数年ほとんど運動をしていませんでした。それが、以前から運動不足を気にしていた事もあり一念発起してせっかくならばとフルマラソンの完走を目標にランニングを始めてしまいました。

 

「42.195km」長いです。遠いです。

昔の経験があるとはいえフルマラソンの完走はしっかりとトレーニングをしないと難しいですし何よりも折角やるなら楽しくやりたい、怪我はしたくないという事もありランニングシューズには拘る事にしました。

 

少し調べてみると、3次元足形計測機 を使った「足型測定」やランニング時の足運びを分析する「足型測定」を行って自分にピッタリのシューズを見つけてくれるというお店があったのでいざ購入へ!

一口にランニングシューズといっても色々なタイプのものが有るのですが、最初から使うメーカーは決めていました。

アシックスです!

なぜアシックスかというと中学・高校で部活をしていた時にずっとアシックスのランニングシューズを使っていたからという単純な理由からです。

当時なぜアシックスのシューズを愛用していたかはもう覚えていないのですが(多分見た目がカッコいいとかそんな感じだと思います)今でもランニングシューズといえばアシックスという気持ちだけは残っていました。

 

そんなこんなでお気に入りのシューズを履いてランニングを続けています。(ランニングを始めて2ヶ月大体2日に1回のペースで走れているのでこの調子でフルマラソン完走まで走り抜けたいと思います。)

 

僕は思い出の「靴」で走ることで昔を懐かしみながら目標に向かっています。

これを読んだ皆様はどんな思いを「靴」に乗せて日々を過ごしているのでしょうか?

 

スニーカー