京富士印刷 > 京富士PROJECT > PROJECT01:「サプライズボックス」 > EPISODE02:「初ミーティング」

京富士PROJECT

PROJECT01:「サプライズボックス」

EPISODE02:「初ミーティング」

12月17日。
この日は初めてのミーティングを行いました。
集まったメンバーは営業2名、制作2名、業務2名の計6名です。
もちろん採用となったアイデアの提案者も含まれます。

最初に提案者の方から具体的なイメージやサンプルについて
説明いただきました。
簡単に言うと、

箱のフタでフォトスタンドを作る

ということです。

当社のウェブサイトで、

  • 組み立て手順の掲載
  • フレームに貼る飾り素材のダウンロード
  • お店の包材等を使って飾り付けができることをアピール
  • かわいいアレンジの紹介、飾り付け見本を3〜4点掲載

といった展開を考えてます。

で、サンプルとして使うフォトスタンドの展開図とフレームに貼る飾りを用意し、
組み立てたものを見てどの形状のものを採用するか話し合いました。
形状は4つ。それぞれA、B、C、Dとしました。

A案

サンプルA案(表側)サンプルA案(裏側)

これは横置きのみのタイプ。
安定感があり、フレームの幅が広いので飾りが貼りやすいのが特徴。
ただ、写真面が小さく、組み立てが大変なのが難点・・・。

B案

サンプルB案(横置き表面)サンプルB案(縦置き表面)サンプルB案(横置き裏面)

これは縦にも横にも置けるタイプ。
A案と同じくフレームの幅が広いのが特徴。
A案と違うのは、支えるポイントが1点なので、少々不安定・・・。

C案

サンプルC案(表面)

これは横置きのみのタイプ。
先のA、Bと違いシンプルで組み立てが簡単なものです。
写真面が大きいですが、フレームの幅が狭いので飾りは
貼りにくいかも。

D案

サンプルD案(表面)サンプルD案(縦置き?表面)

これは一応横置きのみのタイプですが、
縦でも置けると言えば置ける。
う〜ん、微妙・・・。
特徴はC案と同じです。


この中から多数決で採用されたのは・・・

このサンプルに決定!!!

B案で〜す!!!(と引っ張るほどでもないか・・・)

サンプルB案を箱のフタと同じ紙で組み立て箱の白い面を表にした時の飾り付け例

もう少しイメージを膨らませるため、実際の箱に使う厚めの紙に
先ほどの展開図を印刷し、表面と裏面の両方で組み立てることに。
試しに白い面を表にしたものに飾り付けしてみました。
う〜ん、シンプルすぎた?

ミーティング参加者各自で組み立ててみて、感想や改善点などを
次回のミーティングで発表予定です。

ところで、肝心の名前ですが・・・、まだ決まっていません(汗)いろいろ案は出たのですが、参加者全員しっくり来なかったので、
次回のミーティングで改めて決めることに・・・。
(アイデア提案者曰く、「少女マンガっぽい名前で」)

はたして、どうなることやら。

次回へ続く。