京富士印刷 > 印刷DTP勉強部屋 > 第37回 営業最前線

印刷DTP勉強部屋

2009年9月 第37回 営業最前線

今回は当社のある営業マンから聞いた訪問営業の最前線の話を書きたいと思います。

近頃営業活動として様々な地域の企業様へ訪問営業をさせて頂いております。その中には様々な企業様がいて、様々な業種がありますが、印刷物はそのほとんどの業界に少なからず必要とされているものだと思いますので、その分非常に多くの方々と関わる事ができると思います。印刷会社の営業をしていて大変でもあり、面白いと感じる部分でもあります。

また、訪問した時に何か御社にご提案できる事はないかということを考えるのですが、その企業様が一体どういった業種なのか、業態なのか、そして何を求めていらっしゃるのかを思い浮かべてお伺いします。当社では非常に多岐にわたる商品を取り扱っていますので、何らかの形でメリットをご提案できるとは思うのですが、その企業様の特徴を知り、どうすれば今より良くなるか、お話しを聞きながらご提案できればと思います。そのため、電話やメールよりもやはり企業様に直接お伺いをして、担当者の方と直接お話しする方が、お求めの内容が分かりやすく、提案もしやすいと思いますので、できる限り直接お会いしに行かせて頂きたいと思います。当社営業マンがお伺いした時は是非よろしくお願い致します。

そして、当社は会社内でも特に堅苦しくなく、おもしろおかしく仕事をしたいという雰囲気作りをしていますので、お客様にもより親近感を持って頂く事が非常にうれしいです。長くお付き合いさせて頂いている企業様はもとより、これから新たに出遇う企業様とも末永く、共にお付き合いしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。

近年印刷業界も大きく変動しています。そこで当社でも新たな企画力を出すため、商品の提案方法、新商品の展開、当社をよく知って頂く広報力など、現在様々な角度から考案中です。それがまたお客様の力となってご協力できるようがんばっていきたいと思います。

人と人とのつながり、企業と企業とのつながり、様々な形ではあっても、つながりの輪を太く大きくしていく事が私達にとって一番大切な事なのですね。

【バックナンバー】